スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

猶本光選手が見せてくれたもの 

U-20女子ワールドカップが終了。日本は3位という好成績に輝きました。

昨シーズンまで福岡J・アンクラスでプレーしていた猶本光選手(浦和レッズレディース)は、銅メダルへの喜びよりも、目指していた優勝を逃した悔しさの方が大きかったようで、表彰式で優勝を喜ぶアメリカ選手たちを見て悔しさのあまり号泣していましたが、その姿は彼女の今後の更なる成長を確信させるものでもありました。

「私が頑張ることで、福岡はもちろん、九州全体の女子サッカーが盛り上がってくれればうれしい」
大会中、彼女はFIFAのインタビューでこんなコメントを残しています。
メディアや急増したファンからの過剰な期待とプレッシャーがかかる中、彼女は持てる力を100パーセント発揮し、チームを牽引すると共に、言葉通り、見ている人たちに感動を与えるような頑張りを見せてくれたと思います。

猶本選手、ひとまずは本当にお疲れ様でした!所属するチームは違うけれど、これからも応援してます!
そして、この大舞台で輝いていた猶本選手の姿が古巣であるアンクラスの選手たちにも力を与えてくれたと信じたいです。頑張れアンクラス!


【関連記事】

ヤングなでしこ TOP | なでしこジャパン公式サイト

目前のアメリカ優勝に悔し泣きの猶本「金メダルを獲りたい」
(ゲキサカ[講談社] 無料サッカー速報:2012年9月8日)
スポンサーサイト
[ 2012/09/08 23:39 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。