スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FIFA U-17W杯 vs アイルランド 結果 

【FIFA U-17女子ワールドカップ2010 決勝トーナメント1回戦】

2010年9月17日(月)18:00キックオフ(現地時間)
トリニダード・トバゴ : ラリー・ゴメス・スタジアム
U-17女子日本代表 2-1 U-17女子アイルランド代表

【得点者】
34min 猶本 光 [PK]
53min Denise O SULLIVAN(アイルランド)
66min 横山 久美

猶本選手はこの試合もボランチでスタメンフル出場。日本はアイルランドの堅い守備の前にリズムを作れず劣勢を強いられ、猶本選手自身もなかなか存在感を出せませんでしたが、横山久美選手がエリア内で倒されて得たPKのキッカーとして、難しい状況の中、落ち着いたキックで日本の先制ゴールを決めてくれました!
これでベスト4に進出したのはスペイン、韓国、北朝鮮、そして日本。
日本の準決勝の相手はドイツを破り勝ち上がった北朝鮮。この試合は日本時間の9月22日(水)午前8時にキックオフ。
もちろん、フジテレビNEXTにて生中継されます。

FIFA U-17女子ワールドカップ トリニダード・トバゴ 2010 準々決勝(vsアイルランド)試合結果・選手コメント
FIFA U-17女子ワールドカップ トリニダード・トバゴ 2010 準々決勝(vsアイルランド) マッチレポート
(JFA:2010年9月18日)

 猶本光選手のコメント

―1点目のPKのキッカーだったが。
  監督に、「蹴るか」と事前に言われていて、「蹴ります」と言ってあった。少し助走がおかしかったが、決められて良かった。自分というよりは、(倒された)横山の得点と言っていい。

―今日のパフォーマンスは。
  チームとしては、前半の最後にかけて流れが良く、パスを回せた。相手のパワーとロングスローには、少し冷や冷やさせられたが、声を出して集中を切らさなかった。
  個人的には、最初のプレーでボールを取られてしまい、リズムに乗り切れなかった。ロッカールームには、選手全員が思いを書いた紙を貼っていて、出たくても出られない選手たちが、「チームに貢献する」と書いていた。「やらなくてはいけない」という、責任を感じながらプレーしていた。


―次は北朝鮮との対戦だが。
  気持ちでプレーしてくる。体格は一緒なので、いつもの感覚でプレーできる。冷静な判断をし、パスをしっかり回せば勝てる。目標は優勝。

猶本選手の得点シーンの映像はコチラ。(音量注意)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/18 18:29 ] 女子日本代表 | トラックバック(-) | コメント(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。