スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FIFA U-17W杯決勝 vs 韓国 結果  

【FIFA U-17女子ワールドカップ2010 決勝】

2010年9月25日(月)18:00キックオフ(現地時間)
トリニダード・トバゴ : ヘイズリー・クロフォード・スタジアム
U-17女子日本代表 3-3(PK4-5) U-17韓国代表

【得点者】
6min LEE Jungeun(韓国)
11min 猶本 光
17min 田中 陽子
45+1min KIM Areum(韓国)
57min 加藤 千佳
79min LEE So Dam(韓国)

日本 U-17女子ワールドカップ準優勝!!
日本は惜しくもPK戦で破れ、優勝ならず。しかしW杯での準優勝というのは立派な成績です!
アンクラスの猶本光選手も全試合にスタメン出場し、日本の決勝進出に大きく貢献。この決勝でも、得点を始め中盤の底からの攻守の要として120分間に渡り素晴らしいプレーを見せてくれました。猶本選手、本当にお疲れ様でした!!

FIFA U-17女子ワールドカップ トリニダード・トバゴ 2010 決勝(vs韓国)マッチレポート
FIFA U-17女子ワールドカップ トリニダード・トバゴ 2010 決勝(vs韓国)試合結果、監督・選手コメント
(JFA:2010年9月26、27日)

 猶本光選手のコメント

―今の率直な気持ち。

 日本を応援してくれた人が多かったので、うれしかったが、負けたので悔しいという複雑な気持ち。6試合戦って決勝は一番良いプレーができた。しかし、日本のリズムのときに、点を決めるチャンスがあったが、決められなかった場面があって、勝ち切れなかったのが反省点。

―日本の1点目を挙げたが。
 ボールが来た瞬間に左足で打とうと決めていた。キーパーがこぼしてくれたことで入った。

―大会を通じて満足できたプレーは。
 相手のFWがボールを受けたときに、味方DFと挟んでボールを奪う守備が良くできたこと。パスコースに入った上で、守備のときポジショニングできていたと、監督に言われた。課題は攻撃に参加したいし、延長に入ってもっと走れるようになりたい。

―このチームは。
 みんなと一緒にプレーできて楽しかった。選手ミーティングと試合を重ねるごとに団結力が強くなっていった。

猶本選手の得点シーンの映像はコチラ。(音量注意)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/26 10:14 ] 女子日本代表 | トラックバック(-) | コメント(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。